FX取引では為替チャートの種類を理解しておく

外国為替証拠金取引で利益を上げて行くには、為替チャート分析で為替の予測をすることが必要です。FXなどの為替取引に大事になってくる為替チャートですが、何種類か種類があります。為替チャートのひとつにバーチャートがあります。棒グラフのことで各項目大きさを比較するときに使われています。バーチャートには、詳細なトレンドラインを引きやすいという利点がありますが、見にくいために相場の流れが見えにくいという欠点もあります。バーチャートは主に、欧米で広く使われているものです。日本でよく利用されているにはローソク足です。ローソク足は一定期間の為替の動きを白や黒の棒で表したチャートです。ローソク足は株の取引のほうでも一般的に使われているチャートです。ロウソク足は、1日単位で値動きを表す日足、月単位の月足、年単位の年足、分単位の分足など、何種類に分けられます。目的によって使い分けましょう。もう一つの為替チャートは折れ線足です。一般的な折れ線グラフのように終値を1本の折れ線で示したチャートです。相場の値動きを大きな流れとして直線的に見ることができる特色があります。このように、為替チャートはいろいろな種類があります。自分にとって見やすいだけでなく、使いやすいチャートを選んで利用しましょう。為替チャートの見方をいろいろ勉強してしっかりと分析して、FX取引で利益を得ていただきたいものです。